検索
  • 湘南のコピーライター

英語と、どこ行く?

英会話教室のNOVAさまのTVCM用のキャッチコピーをご相談いただきました。

翻訳機が普及している今、生活者にとって英語を身に付ける価値はどこにあるかを考えました。

そこには持ち歩くもの(=道具)と身に付けるもの(=能力)の違いがあると気づきました。また、手がかりがないもを検索をすることが難しいように、英語の文法を全く知らない状態では翻訳機を使っても正しく伝わらないこともあります。

ここに気分的な差が大きくあると考えました。

英語を勉強して海外に出掛けた時、それは不安とドキドキを抱えていることでしょう。そして外国人に話しかけて通じた時の胸の高鳴りは他に変えがたい価値があると思います。


このキャッチコピーは、そんなドキドキ感と期待感を込めたコトバです。


TVCMでは、武田玲奈さんが外国人の友人と英語で話していて、デザイナーを紹介してもらうという内容になっています。期待感に胸を高鳴らせる武田さんの表情が素晴らしいです。

最新記事

すべて表示

これは、私のデスクトップの仕事フォルダの名前です。 「お見事!」と言われる仕事をしていきたい。という意味は後付けです。